Sunday, 22 November 2009

monobright - monobright two

monobright two

1. SGS
2. 踊る脳
3. アナタMAGIC
4. WARP
5. 物語
6. The2
7. 涙色フラストレーション
8. 別の海
9. ヒーローヤング
10. モーニングスターター
11. あの透明感と少年 (album mix)
12. 歌も僕との妄想
13. music wonder

ヴォーカル・桃野陽介君が08-09 『MUSIC FREAKS』 (FM802)でDJを担当し、私はmonobrightのことを本格的に知りました。まずは桃野の強烈なキャラでつかまれましたね( ̄ー ̄;。中々得がたいキャラですわ。1年聴いて、かわいい弟分キャラということが分かりました。ビークル・ヒダカさん、怒髪天・増子さん、中島ヒロトさんらにいじられやすい( ̄ー ̄;。
そんな愛されるキャラだけでなく、彼らの音楽も個性的、独創的で魅力的。いい音楽やってますよ。桃野の書く詞もメロディーラインも独特。1stの「未完成ライオット」もかなり好きです。
ライヴで盛り上がる曲も多いです。気になっている方には、是非とも彼らのライヴを体感して頂きたいと思います。
posted by みのり at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名盤(邦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Saturday, 09 September 2006

GRAPEVINE - Lifetime

Lifetime

1. いけすかない
2. スロウ
3. SUN
4. 光について
5. RUBBERGIRL
6. Lifework
7. 25
8. 青い魚
9. RUGGERGIRL No.8
10. 白日
11. 大人 (NOBODY NOBODY)
12. 望みの彼方
13. HOPE (軽め)

ヴォーカル・田中和将君のグルーヴィーな歌い方が特徴的なギターバンド。詞も田中君が担当。彼独特の文学的な世界観が広がる。
posted by みのり at 18:23 | TrackBack(0) | 名盤(邦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Saturday, 26 August 2006

中村一義 - ERA

ERA

1. イーラ
2. 1,2,3
3. ロザリオ
4. メロウ
5. スヌーズ・ラグ
6. ピーナッツ
7. ショートホープ
8. 威風堂々(Part1)
9. 威風堂々(Part2)
10. 虹の戦士
11. ジュビリー・ジャム
12. ジュビリー
13. ゲルニカ
14. グレゴリオ
15. 君ノ声
16. ハレルヤ
17. バイ・CDJ
18. ロックンロール
19. 21秒間の沈黙
20. 素晴らしき世界

このアルバム、曲数多いですが中身も濃いです。「ショートホープ」には、くるりの岸田繁君がギターで参加しております。
posted by みのり at 15:52 | TrackBack(0) | 名盤(邦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KAN - 野球選手が夢だった。

野球選手が夢だった。

1. 愛は勝つ
2. 恋する二人の834km
3. けやき通りがいろづく頃
4. 青春国道202
5. 千歳
6. Happy Birthday
7. ぼくたちのEaster
8. 健全 安全 好青年
9. 1989(A Ballade of Bobby & Olivia)
10. 君が好き胸が痛い

日本のピアノマンと言えば、KANさんですよ。実は、私が邦楽の世界に入るきっかけになった曲が「愛は勝つ」。ベタか…( ̄ー ̄;。ベタですね。しかし、当時この非常にメッセージ性の強い曲を聴いて、「ああ、日本語歌詞の邦楽もいいもんだなあ」と感動させられた。現在この作品は中古でないと中々手に入らないと思われますが、ベスト盤には入っていないアルバム曲にもいい曲が揃っているので、是非とも一枚通して聴いて頂きたいアルバムです。
タグ:KAN 邦楽 音楽
posted by みのり at 15:33 | TrackBack(0) | 名盤(邦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sunday, 06 August 2006

スピッツ - 三日月ロック

三日月ロック

1. 夜を駆ける
2. 水色の街
3. さわって・変わって
4. ミカンズのテーマ
5. ババロア
6. ローテク・ロマンティカ
7. ハネモノ
8. 海を見に行こう
9. エスカルゴ
10. 遥か album mix
11. ガーベラ
12. 旅の途中
13. けもの道

スピッツのアルバムはベスト盤以外全て持っていて{旧ベスト盤(『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』)リリースはレコード会社の都合であり、メンバーの本意ではなかったので買ってません}、どれも好きなんですが、この作品が一番好きかも知れない。当時、まず1.「夜を駆ける」を聴いて、新しい感じがした。らしさはそのままに。スピッツは永遠のスタンダードです。
posted by みのり at 17:14 | TrackBack(0) | 名盤(邦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする