Sunday, 02 December 2007

Linkin Park - Meteora

Meteora

1.Foreword
2.Don't Stay
3.Somewhere I Belong
4.Lying From You
5.Hit The Floor
6.Easier To Run
7.Faint
8.Figure.09
9.Breaking The Habit
10.From The Inside
11.Nobody's Listening
12.Session
13.Numb

ヘヴィロックを代表する一枚。このバンドの特徴は、チェスター・ベニントンの甘めのヴォーカル/デス声とマイク・シノダのラップの絡み。私は元々ヒップホップは余り聴かなかったのですが、マイクのラップは「すげーかっこいい!」と思いまして、彼のソロ・プロジェクト、フォート・マイナーにも興味を持っています。
このアルバムは捨て曲無し、曲順も完璧で、いい感じで配置されていると思います。いい流れで、13曲一気に聴き終わる。何と言っても、'Numb'を最後に持ってくる所が私的には最高。
'Faint'のPVは、ライヴでバンドの後方から撮った映像で、メンバーの顔は見えないんだけど、客がすごい盛り上がってる感じが出ていておもしろいです。
posted by みのり at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 名盤(洋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sunday, 11 February 2007

The Killers - Hot Fuss

Hot Fuss

1.Jenny Was A Friend Of Mine
2.Mr. Brightside
3.Smile Like You Mean It
4.Somebody Told Me
5.All These Things That I've Done
6.Andy, You're A Star
7.On Top
8.Change Your Mind
9.Belive Me Natalie
10.Midnight Show
11.Everything Will Be Alright
日本盤ボーナス・トラック
12.Glamorous Indie Rock & Roll
13.The Ballad Of Michael Valentine
14.Under The Gun

Hot Fuss - Deluxe Tour Edition
+DVD
1.Somebody Told Me - Video
2.Mr. Brightside - Original Video
3.Mr. Brightside - New Video
4.All These Things That I've Done - Video

"Sam's Town"でThe Killersに目覚めた私は、ライヴ(2007/01/15)が終わってからの方が、この1stをよく聴いている。CDは随分前に買っていたけど、数回聴いて放ったらかしになっていたので( ̄ー ̄;。しかし、これは聴けば聴くほど味が出てくるタイプのアルバムでした。改めて、ポストパンク・アルバムとしてよくできていると思います。2ndよりもシンセサイザーの占める割合が大きいですね。1はもろにデュラン・デュランですわな。ちなみに、1〜5が太字なのは、優劣付け難いから(^^;)。7、9、10も乗りがいい感じ。'All These Things That I've Done'はライヴで('Exitlude'前の)最後にやっていたので、彼らにとって大事な曲なんだろうなあと思っています。
こちらも後から"Sam's Town - Japan Tour Edition"と一緒にDVD付き盤も買いました。ひげが無い頃のブランドンを堪能できます(^^;)。彼は童顔だから、ひげでわざとおっさんぽく( ̄ー ̄;というか、大人の男に見せたいのかも知れないね。
posted by みのり at 18:44 | TrackBack(0) | 名盤(洋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Killers - Sam's Town

Sam's Town

1.Sam's Town
2.Enterlude
3.When You Were Young
4.Bling (Confession Of A King)
5.For Reasons Unknown
6.Read My Mind
7.Uncle Jonny
8.Bones
9.My List
10.This River Is Wild
11.Why Do I Keep Counting?
12.Exitlude
日本盤ボーナス・トラック
13.Where The White Boys Dance
14.All The Pretty Faces

Sam's Town - Japan Tour Edition
+DVD
1.When You Were Young - Video
2.When You Were Young - Jump ver. - Video
3.Bones - Video
4.When You Were Young - Making Of

私が選ぶ"Album Of The Year 2006"。いきなり1.'Sam's Town'でやられます。そして3.'When You Were Young'が最高にいい。かっこ良過ぎる。あのリフは一度聴いたら忘れられない。シングル曲だけでなく、アルバム全体通して、いいと思える。
特に4、14等に見られる、U2の影響をかなり受けていると思われるギターサウンド。ボノに似たブランドン・フラワーズの歌い方。UK色の濃いアメリカン・バンドです。
1st"Hot Fuss"では、私は実は余りピンと来なかった( ̄ー ̄;。確かにUKポップな感じで、フランツ等に通ずるものがありましたが。私はこの2ndの方が好きですね。よりロックになっているのがいい。UKっぽさは残しつつ、本人らが言っているように、アメリカ人であることを意識した音も入っている。ジャケット裏写真も、アメリカのガンマンのような出で立ちで、わざとアメリカ人らしさを強調しているように見える。「ひげ」には異論もあるでしょうが( ̄ー ̄;、少なくとも'When You Were Young'のPVの世界観にはぴったり来ていると思います。そのPVを大きい画面で見たくて、DVD付きのJapan Tour Editionも買いました。2ヴァージョンとも入っていて、大満足。
posted by みのり at 18:06 | TrackBack(1) | 名盤(洋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Saturday, 26 August 2006

Red Hot Chili Peppers - Californication

Californication

1. Around The World
2. Parallel Universe
3. Scar Tissue
4. Otherside
5. Get On Top
6. Californication
7. Easily
8. Porcelain
9. Emit Remmus
10. I Like Dirt
11. This Velvet Glove
12. Savior
13. Purple Stain
14. Right On Time
15. Road Trippin'
日本盤ボーナス・トラック
16.Gong Li

レッチリの最高傑作だと思います。ガンガン行ける曲と聴かせる曲のバランスがいい。捨て曲無しの、充実の一枚です。
posted by みのり at 16:16 | TrackBack(0) | 名盤(洋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Travis - 12 Memories

12 Memories

1. Quicksand
2. The Beautiful Occupation
3. Re-Offender
4. Peace The Fuck Out
5. How Many Hearts
6. Paperclips
7. Somewhere Else
8. Love Will Come Through
9. Mid-Life Krysis
10. Happy To Hang Around
11. Walking Down The Hill
12. Some Sad Song
日本盤ボーナス・トラック
13. Definition Of Wrong
14. 12th Memory

スコットランドの魂。この作品は完成度高いと思う。ヒドゥン・トラックの'Some Sad Song'は珠玉の一曲。
posted by みのり at 16:12 | TrackBack(0) | 名盤(洋) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする