Wednesday, 19 December 2007

ほろ苦(最終回)

『暴れん坊ママ』 フジテレビ 共同テレビ

「ぼく、クリスマスプレゼントいらない。お母様の笑顔を下さいってお願いしたの」(第9話 北条蓮)。
息子の蓮君(谷端奏人)がお受験に落ちたことで、すっかり無気力になってしまった北条翠子(ともさかりえ)。そんな母の姿を見て気遣う蓮君の一言に、ばーっと涙(;_;)。ええ子やなあと思って。お受験、お受験って、親の方が必死になってるんやな。子供は受かっても落ちても、以前と変わらずみんなで遊んでる。子供は親の思うようにはならないものだ、と思いました。しかし、親が思う以上に色々考えてもいる。

今日最終回(第10話)を迎えました。…しかし、哲(大泉洋)の前妻・景子(紺野まひる)がネックやったな( ̄ー ̄;。一度手放した子供を返してくれと。哲たち3人の生活が、やっと軌道に乗ってきた所なのに…。幾ら生みの親でも、余りに勝手で、相手、特に必死でママになろうと頑張ってきたあゆ(上戸彩)の気持ちを考えてなさ過ぎる。最後、結局佑樹(澁谷武尊)は景子に付いていくことに決めたけど、あゆと哲の張り裂けそうな寂しさを考えると、なんかこれで終わっちゃうのはちょっとすっきりしないなと思いましたね。景子の勝手が通ってしまう辺りもね。
舞台は5年後に飛んで、あゆと哲に子供ができ、相変わらず美容室を経営、幸せそうだったのが救い。園ママのみなさんも第9話で皆いい感じになりましたね。
私、このドラマでは北条一(東幹久)が結構ツボでした( ̄ー ̄;。すごい天然で…。やたらベタベタする所は嫌だが( ̄ー ̄;、真っ直ぐで、真剣に哲の力になりたいと思ってる辺りはいい。ええ味出してました。
上戸彩さんも結構うまいと思いましたよ。かわいいしね。洋さんは、このドラマではシリアスな演技が多かったですね。他の方も、ともさかさん始め、皆芸達者。あ、日村も演技うまかったで。自然やったわ。最終回、相方・設楽がちょい役で出ていた(^^;)。日村ばっかりクローズアップされてるけど(『リンカーン』でも)、設楽も頑張れよ( ̄ー ̄;!(どんな締めや( ̄ー ̄;)
posted by みのり at 03:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック