Sunday, 26 March 2017

太宰の作品は、私たちに送られる温かな声援

『迷宮TRANOVEL 太宰治「走れメロス」と中期短編集』 (BS日テレ)

太宰(津島修治)について、親族 津島廉造さん
「聖書の話ですね。
マタイ伝を3年掛けて勉強したと。
『己を愛するがごとく汝の隣人を愛せよ』、これは強調してました。
それと同時にですね、『優』という字を知ってるかと。
これは人偏に憂うという字だよと。
これは言ってみれば、人を愛すること、そのつらさに敏感であること。
教養というのは、人のつらさに敏感なことを言うんだよと。
これを持ってるそういう人が本当の教養人なんだよと」
「本当は人間を本当に愛したいんだけれども、その難しさとの葛藤、が色んな形で小説の中には出て来てるんじゃないかなと」。

太宰に宛てた、妻 美知子の母 石原くらの言葉:
「むりをしない様に一歩一歩正しい道をあゆんで行くのが一番いいと思ひます。
まごころと職業に対する熱意とが何よりのたからです」。
太宰の言葉:
「たとひ流行作家には、なれなくとも、きつと、いい立派な仕事いたします」。

太宰らしさ。
最後の一行:「勇者は、ひどく赤面した」。
分かる〜( ̄ー ̄/。
太宰が描く、真っ直ぐで、不器用で、人間臭い/人間らしい主人公(/太宰自身)に我々は共感するし、彼らをすごく身近に感じる。
「走れメロス」

太宰について、親族 津島慶三さん
「本物という言葉は何回も出て来ますよ。
本物の人間になれよっていう」
「一番大事なことは美談ですよ。
漁師が嵐の日に放り出されて、辿り着いたのが灯台守の、窓枠に手が付いて、ひょっと中を見たら丁度夕げの時間で、楽しそうな夕ご飯をみんなで食べてたのを見たら、ついその掴んでいた手が緩んで、流されてもう帰らぬ人になってしまったと。
これはもう誰も知らない訳だ。
もう死んじゃった訳だから。
そういうことを書くのが小説家の務めだと言う」
「心の奥底から出て来る美談というやつ、それとの葛藤だったんじゃないかな、彼の一生というのは。
死に物狂いという。
だけども、それぐらいしないと、みんなの喜んでもらえる、そんな小説にならないんでしょうね、きっと」。

ナレーション:
「太宰治。その作品は、いつも、私たちに送られる、温かな声援」。
本当にそう思います。

******

「ああ、わるくなつた。この二、三日、ちつとも勉強すすまないぢやないの。あたしは毎朝、お客さんの書き散らした原稿用紙、番号順にそろへるのが、とつても、たのしい。たくさんお書きになつて居れば、うれしい。ゆうべもあたし、二階へそつと様子を見に来たの、知つてる?お客さん、ふとん頭からかぶつて、寝てたぢやないか。」
 私は、ありがたい事だと思つた。大袈裟な言ひかたをすれば、これは人間の生き抜く努力に対しての、純粋な声援である。なんの報酬も考へてゐない。私は、娘さんを、美しいと思つた。

太宰治 「富嶽百景」
posted by みのり at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448410595

この記事へのトラックバック